Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元研修医が診療情報保存したUSBメモリを紛失 - 鹿児島大学病院

鹿児島大学病院の元研修医が、患者の個人情報を保存したUSBメモリを5月に紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、研修医が2006年ごろに担当した患者22人分のデータが保存されていた。データは、退院時に診療内容をまとめたもので、氏名や住所、電話番号、年齢、性別のほか、病名や経過、手術名、退院日などが含まれる。

2007年5月ごろに鹿児島県内の病院で紛失した可能性が高いとして、研修医が同院へ報告したことから事故が判明。研修医は以前より紛失に気が付いていたものの、放置していたという。同院では、関連する患者に対して事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出