Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元研修医が診療情報保存したUSBメモリを紛失 - 鹿児島大学病院

鹿児島大学病院の元研修医が、患者の個人情報を保存したUSBメモリを5月に紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、研修医が2006年ごろに担当した患者22人分のデータが保存されていた。データは、退院時に診療内容をまとめたもので、氏名や住所、電話番号、年齢、性別のほか、病名や経過、手術名、退院日などが含まれる。

2007年5月ごろに鹿児島県内の病院で紛失した可能性が高いとして、研修医が同院へ報告したことから事故が判明。研修医は以前より紛失に気が付いていたものの、放置していたという。同院では、関連する患者に対して事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA