Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン関連製品小売店の顧客情報がネット上へ流出

パソコン工房やTWOTOP、FAITHなどパソコン関連製品の小売店を展開するアロシステムと子会社のエムヴィケーは、顧客の個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

流出が確認されたのは、2003年6月から2005年4月にかけて両社を利用した顧客の情報を記録したデータ。ファイル交換ソフトを通じて流出したもので、氏名や住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、会社名など個人情報が含まれる。以前同社が、コールセンター業務を委託していた事業者の元従業員から流出した可能性が高いという。

同社では、9月12日に流出を確認し、現在も調査を進めている。不正に利用されたといった報告はないという。同社では関連する顧客に対して、謝罪のメールを送付。今後は、流出した経緯や流出経路が判明次第、流出内容の詳細や今後の対応について公表する予定。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
セシール通販サイトに不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大