Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁の情報セキュリティ対策会議 - 2007年度のテーマはWinnyによる著作権侵害など

警察庁は、2007年度の「総合セキュリティ対策会議」の概要についてまとめ、公表した。Winnyによる著作権侵害問題や、ネットにおける個人認証制度の実態などを検討課題として取り上げる。

同会議は、ネットワークの安全性確保に向けて、政府機関および警察と民間との連携のあり方を検討するため、2001年に設置された。2006年度には、同年6月から運用開始した「インターネット・ホットラインセンター」の運営のあり方を検討するとともに、インターネットカフェなどを利用した匿名性の高い犯罪への対策などを検討した。

2007年度には、「Winny等ファイル共有ソフトを利用した著作権侵害問題等について」および「インターネットにおける個人認証制度の実態等について」を検討課題として取り上げる。検討の成果は報告書としてとりまとめ啓発活動に活用するほか、同庁ホームページ上に掲載される。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生