Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約23万件の個人情報を記録したパソコンが院内から盗難 - 徳島大学病院

徳島大学病院において、パソコンの盗難事件が発生した。パソコン内部には、約23万件の個人情報が保存されていたという。

同院や徳島大学医学部の研究棟において、9月8日夜から翌未明にかけて何者かにパソコンを持ち去られる盗難事件が発生。持ち去られたパソコン内部には、氏名や患者番号、生年月日、診断名や検査データなどが保存されていた。

同院では、パソコン内部にはカルテ含まれていないとし、「セキュリティ対策により第三者が閲覧することは困難」と説明している。

(Security NEXT - 2007/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装