Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる個人情報流出で職員を処分 - 農研機構

農業・食品産業技術総合研究機構の職員が、個人情報含む業務ファイルを無断で持ち出し、Winny経由で外部へ流出させた問題で、同機構は関係者の懲戒処分を行った。

問題となった事件は、花き研究所の職員が無許可で業務ファイルを持ち出し、自宅パソコンに保存。その後Winnyを介してネット上にファイルが流出したもの。同ファイルには、共同研究先機関の研究者情報9件のほか、学会参加者名簿や研究者名簿などに記載された567人分の氏名やメールアドレスなどが含まれる。

同職員が内部規則に違反して個人情報を無許可で持ち出し、注意喚起を行っていたWinnyの利用により情報を流出させたことから、同機構では同職員を9月11日付けで戒告処分とした。また、情報管理の指導、監督が不十分であったとして、管理職である2人を「厳重注意」処分とした。

関連記事:農林水産関係の研究者に関する個人情報などがWinnyで流出 - 農研機構
http://www.security-next.com/006464.html

(Security NEXT - 2007/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性