Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる個人情報流出で職員を処分 - 農研機構

農業・食品産業技術総合研究機構の職員が、個人情報含む業務ファイルを無断で持ち出し、Winny経由で外部へ流出させた問題で、同機構は関係者の懲戒処分を行った。

問題となった事件は、花き研究所の職員が無許可で業務ファイルを持ち出し、自宅パソコンに保存。その後Winnyを介してネット上にファイルが流出したもの。同ファイルには、共同研究先機関の研究者情報9件のほか、学会参加者名簿や研究者名簿などに記載された567人分の氏名やメールアドレスなどが含まれる。

同職員が内部規則に違反して個人情報を無許可で持ち出し、注意喚起を行っていたWinnyの利用により情報を流出させたことから、同機構では同職員を9月11日付けで戒告処分とした。また、情報管理の指導、監督が不十分であったとして、管理職である2人を「厳重注意」処分とした。

関連記事:農林水産関係の研究者に関する個人情報などがWinnyで流出 - 農研機構
http://www.security-next.com/006464.html

(Security NEXT - 2007/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド