Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyの最新版が登場 - ルートキットやキーロガー対策を強化

ジャストシステムは、コンシューマー向けウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus 7.0」と、総合セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security 7.0」を9月14日より発売する。

「Anti-Virus 7.0」は、メールやウェブを介して感染を試みるあらゆるウイルスをブロックするアンチウイルスソフト。定義ファイルのほか、未知のウイルスが動作を開始する前に潜在的な危険性を分析して駆除するヒューリスティック検知により、脅威を防御する。今回、ヒューリスティックエンジンにおいてルートキットとキーロガーの検知機能が強化された。

また、リアルタイムに挙動を監視する「プロアクティブディフェンス」技術を搭載しており、パソコン上の怪しい挙動やレジストリの改ざんなどを停止させるとともに、危険な変更を元の状態に戻す。これにより、定義ファイルが配信される前の新種ウイルスの被害を防ぐことができる。

「Internet Security 7.0」は、ウイルス対策機能にくわえファイアウォール、アンチスパム、フィッシング対策、有害サイト閲覧制限などを搭載した総合セキュリティ対策ソフト。「プライバシーコントロール」機能では、個人情報の送信をブロックするとともに、不正アクセスによる情報盗難なども防ぐ。

また有害サイト閲覧を制限する「ペアレンタルコントロール」により、サイトの閲覧制限をユーザーごとに細かく設定できるようになった。

価格は「Kaspersky Anti-Virus 7.0」の通常版が9240円、「Kaspersky Internet Security 7.0」が1万3440円。他社製品利用者や複数年、複数ユーザーの利用など優待版も用意した。また前バージョンのユーザーには、無償バージョンアップのプログラムが提供される。

(Security NEXT - 2007/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多