Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE狙うゼロデイ攻撃への対策機能やパフォーマンス向上を目指したノートン2008

シマンテックは、「ノートン・インターネットセキュリティ2008」「ノートン・アンチウイルス2008」を発表した。ダウンロード版の出荷はすでに開始しており、パッケージ版も9月21日より発売する。

ブート時間やスキャン時間の高速化、メモリ使用量の節約など、パフォーマンスの向上や従来はノートン360のみだったワンクリックサポートに対応した。また今回より、標準パッケージでは1ライセンスで3台まで利用可能となった。

くわえて、ローカルネットワークへ接続したデバイスの一覧表示が可能となったほか、Internet Explorerの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃などへ対抗する「Browser Defender」を搭載。ActiveXやJavaScript、VBScriptなどを悪用する攻撃を予防する。

さらに「ノートン・インターネットセキュリティ2008」には、ウェブへ個人情報を入力する際の自動入力や個人情報の安全な管理、キーロガーの盗聴防止を実現する「ノートン IDセーフ」を搭載した。

(Security NEXT - 2007/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ