Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語や中国語環境にも対応する脆弱性検査サービス - 住商情報システム

住商情報システムは、脆弱性検査サービス「SCSセキュリティ・アセスメントサービス」に、英語および中国語環境での検査メニューを追加した。

同サービスは、検査員による脆弱性検査や事故発生時の緊急対応などサポートするセキュリティコンサルティングサービス。サーバやパソコンの脆弱性や、ネットワーク機器の設定不備などを検査する「プラットフォーム脆弱性検査」、ウェブサイトを検査する「ウェブアプリケーション脆弱性検査」、「データベース検査」などが用意されている。

今回、プラットフォーム検査とウェブアプリケーション検査において、英語と中国語に対応したメニューが追加された。これにより、国内のみで導入されていた同サービスを、海外拠点の外国語環境においても導入することが可能となった。

(Security NEXT - 2007/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行