Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証ソフトのルートキット問題でソニーが修正ソフト提供へ

ソニーが販売するUSBメモリの指紋認証ソフトについて、ルートキットと同様の手法を利用されているとしてセキュリティベンダーが問題を指摘した問題で、ソニーは脆弱性があったとして問題を解消したソフトウェアを提供すると発表した。

問題とされた製品は、指紋認証機能つきポケットビット「USM128F」「USM512FL」と海外でリリースされた「MicroVaultシリーズ」の一部。指紋認証のソフトウェアが利用するフォルダがWindows APIから隠され、ユーザーがインストールされたことに気が付かず、ルートキットと同様の手法であるとセキュリティベンダーが指摘していた。

以前、ソニーBMGがCDにルートキットの手法を用いて、ユーザーの同意を得ずにソフトをインストールした経緯があったことから、より大きな注目を集めた。

F-Secureなどは、今回のケースの場合、製品の目的を達成するために行われたもので、アンイストールも可能であり、プロセスやレジストリなども隠匿しておらず、悪質との指摘が目立ったソニーBMGの事件とは同様のものではないとしながらも、作成されたフォルダへ不正ソフトがインストールされるなど悪用される危険性についても指摘していた。

ソニーは発表で脆弱性があったと認め、9月下旬までに修正したソフトウェアを公開する計画であることを明らかにした。同社では、脆弱性の問題について真摯に受け止め、製品の安全向上をめざすとコメントしたが、ソフトウェアが利用した手法については特に言及しなかった。

指紋認証機能つきポケットビット付属ソフトウェアの脆弱性についてのお知らせとお願い
http://www.sony.jp/pr/info/info070907.html

ソニー
http://www.sony.co.jp/

ソニーマーケティング
http://www.sony.jp/

(Security NEXT - 2007/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル