Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムメールのリンクから不正サイトへ誘導するトロイの木馬が増加 - マカフィー調査

マカフィーは、8月に同社データセンターが検知したウイルスや不審なプログラムの状況をまとめた。スパムメールのリンクから、不正プログラムをダウンロードさせるサイトへ誘導するトロイの木馬が、先月に引き続き増加している。

ウイルスではトロイの木馬がトップ10の半数以上を占め、特に検知企業数では4位の「VBS/Psyme」を除きすべてがトロイの木馬となった。また、7月に発見されたトロイの木馬「W32/Zhelatin.gen!eml」が引き続きトップにランキングされ、検知数も大幅に増加している。

同ウイルスは、スパムメールに記載されたリンクから、脆弱性攻撃プログラムをダウンロードさせる不正サイトへ誘導するというもの。脆弱性が解消されていないと、サイトにアクセスしただけで感染する可能性があるため、不審なメールには十分注意するよう求めている。

不審プログラムを検知したマシン数では、先月に引き続き「Exploit-MIME.gen.c」がトップとなった。また「Winfixer」や「Drivecleaner」など、正規ソフトを偽装するアプリケーションが依然として上位を占めている。同社では、フリーソフトのダウンロードや使用が日常的に行われているのが原因と見ており、フリーソフトの不用意なダウンロードはなるべく控えるよう呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:W32/Zhelatin.gen!eml
2位:JS/Downloader-AUD
3位:JS/Downloader-BCZ
4位:VBS/Psyme
5位:AdClicker-EG
6位:JS/Wonka
7位:Spy-Agent.bv.dldr
8位:X97M/Laroux.a.gen
9位:Generic!atr
10位:Exploit-ANIfile.c

不審なプログラム

1位:Exploit-MIME.gen.c
2位:Generic PUP.e
3位:Adware-GAIN
4位:Winfixer
5位:DriveCleaner
6位:Adware-Baidu
7位:Adware-SaveNow
8位:Generic PUP.e
9位:Adware-GAIN.lnk
10位:Adware-HotBar

(Security NEXT - 2007/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処