Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTPと暗号化により不正接続を防止する無線LANアクセスポイント - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、ワンタイムパスワード認証と通常の暗号方式を組み合わせた法人向け無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」を、9月12日より発売する。価格は13万4400円。

同製品は、数十文字という通信単位ごとに暗号化鍵が変化するワンタイムパスワード認証「SAS-2」と、世界標準の暗号化方式を組み合わせた同社独自のセキュリティ技術「IPN技術」を採用した法人向け無線LAN製品。「なりすまし」による不正接続や盗聴などを防ぐほか、高速化技術「SuperAG」に対応した。

また発売と同時に、「IPN-W100シリーズ」向けの最新ファームウェアおよびクライアントユーティリティソフトウェアの「ver.1.3」をリリース。Active Directoryなどのディレクトリサービスを利用する企業ネットワークにおける併用を可能にするなど、「IPN-W100シリーズ」の機能を強化するもので、同社サイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に