Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTPと暗号化により不正接続を防止する無線LANアクセスポイント - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、ワンタイムパスワード認証と通常の暗号方式を組み合わせた法人向け無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」を、9月12日より発売する。価格は13万4400円。

同製品は、数十文字という通信単位ごとに暗号化鍵が変化するワンタイムパスワード認証「SAS-2」と、世界標準の暗号化方式を組み合わせた同社独自のセキュリティ技術「IPN技術」を採用した法人向け無線LAN製品。「なりすまし」による不正接続や盗聴などを防ぐほか、高速化技術「SuperAG」に対応した。

また発売と同時に、「IPN-W100シリーズ」向けの最新ファームウェアおよびクライアントユーティリティソフトウェアの「ver.1.3」をリリース。Active Directoryなどのディレクトリサービスを利用する企業ネットワークにおける併用を可能にするなど、「IPN-W100シリーズ」の機能を強化するもので、同社サイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認