Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracleの障害対応や性能分析をサポートするサービス - OKI

沖電気は、Oracleデータベースの稼働状況を常時監視し、障害発生時に対応するサービス「DressUP Performance Support for Oracle Database」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、システムに負荷を与えずにデータベースの稼働状況を監視、分析するツール「MaxGauge」を用いて、障害時のサポートや性能分析を提供するもの。障害発生時にはORACLE MASTER Platinumを取得したデータベースエンジニアがログの分析を行い、原因究明やサポートを提供する。

また性能診断レポートが年2回、任意のタイミングで提供され、ログから通常運用時における性能劣化を監視し、問題の発生を未然に防ぐことができる。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か