Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝ITサービス、24時間体制で対応する「リモート監視サービス」など開始

東芝ITサービスは、遠隔で管理運用を行うサービス「リモートマネジメントサービス」のサービスメニューを強化し、10月1日より提供を開始する。

追加となるサービスメニューは、サーバやネットワーク機器を遠隔地で運用する「リモートオペレーションサービス」と、稼動状況を監視する「リモート監視サービス」の2種類。いずれもマルチベンダー対応となっている。

「リモートオペレーションサービス」は、利用者のネットワークをリモート制御し、対象機器の運用や管理を行うマネジメントサービスで、電源操作やBIOS操作などにも対応する。

一方、「リモート監視サービス」では、対象機器を24時間体制で監視し、異常検知時は電話とメールで顧客へ報告する。稼動監視と定期報告を行う「ベーシックサービス」とログの監視やサービス状態監視、システムリソース監視を追加した「アドバンスサービス」を用意した。

(Security NEXT - 2007/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド