Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USENとバリオセキュア、法人向けASP型スパムメール対策サービスを提供

USENとバリオセキュア・ネットワークスは、法人向けのASP型メールセキュリティサービス「ビジネスメールセキュリティ」を提供開始した。

同サービスは、USENの法人向けインターネット接続サービス「USEN BROAD-GATE 02」のオプションサービス。バリオセキュアが独自に開発した「Spam Protectionエンジン」を搭載し、迷惑メールを自動で遮断。送信者の送信手法、挙動、過去の経験則などから自動的に自己学習するため、精度の高い迷惑メール判定が実現する。

ASPサービスのため専用の機器が必要なく、1アカウントから契約可能。導入や保守にかかるコストを低減できる。設定はMail Exchangerレコードを変更するだけ。10月からは、専用のコントロールパネルが提供される。価格は、初期費用が5万2500円。月額費用は1から10アカウントで2100円から。9月28日まで、初期費用が無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割