Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーク情報システム、スパム対策製品に上位モデル2機種、従来製品も機能強化

アーク情報システムは、スパムメール対策ソリューション「Spam Sniper」をバージョンアップするとともに、大規模ニーズに対応した上位モデル2機種を9月上旬から発売する。

同製品は、韓国Jiransoftが開発したスパム対策ソリューション。メール本文の特定コンテンツや、コンテンツの出現回数をもとにスパムメールを判断するヒューリスティックエンジンほか複数の対策エンジンを搭載している。

今回発売となる「1000A」「500A」は、大容量サーバを運用するユーザー向けに開発された上位モデル。「1000A」では、Intel Xeon 3.2GHzがデュアル構成、「500A」ではIntel Xeon Quad Core 2.4GHzを採用した。また従来製品である「100A」および「200A」も同時に機能を強化した。

最新版では、韓国から配信されていた定義ファイルのアップデートが、日本国内から配信されるようになる。また、メールの量や内容を多数のサーバで確認しながら判断するフィルタリングエンジンRPDを搭載。利用者の管理画面がカスタマイズできるようになったほか、スパムレポート機能を強化した。

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化