Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーク情報システム、スパム対策製品に上位モデル2機種、従来製品も機能強化

アーク情報システムは、スパムメール対策ソリューション「Spam Sniper」をバージョンアップするとともに、大規模ニーズに対応した上位モデル2機種を9月上旬から発売する。

同製品は、韓国Jiransoftが開発したスパム対策ソリューション。メール本文の特定コンテンツや、コンテンツの出現回数をもとにスパムメールを判断するヒューリスティックエンジンほか複数の対策エンジンを搭載している。

今回発売となる「1000A」「500A」は、大容量サーバを運用するユーザー向けに開発された上位モデル。「1000A」では、Intel Xeon 3.2GHzがデュアル構成、「500A」ではIntel Xeon Quad Core 2.4GHzを採用した。また従来製品である「100A」および「200A」も同時に機能を強化した。

最新版では、韓国から配信されていた定義ファイルのアップデートが、日本国内から配信されるようになる。また、メールの量や内容を多数のサーバで確認しながら判断するフィルタリングエンジンRPDを搭載。利用者の管理画面がカスタマイズできるようになったほか、スパムレポート機能を強化した。

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大