Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講師の情報を保存したノートPCを講習会で紛失 - セミナー事業者

セミナー事業などを展開している技術情報協会は、8月28日に個人情報が保存されていた業務用ノートパソコン1台が講習会場で盗まれたと発表した。

都内で実施した講習会の海上でノートパソコンを何者かに持ち去れたもので、パソコン内部には同社が依頼した講師最大200人分の個人情報が保存されていた。含まれる個人情報は、氏名や勤務先、所属、依頼テーマのほか、一部では、勤務先の住所、電話番号、メールアドレスが含まれている。

同協会では、セキュリティ対策を施しており、第三者が個人情報を利用することは困難であると説明しており、不正利用などの報告も受けていないという。同協会では警察へ被害を届け、関係者に対して事情を説明、謝罪している。

技術情報協会
http://www.gijutu.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導