Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振る舞い検知機能が追加された「Webroot Spy Sweeper with AntiVirus 5.5」が登場

ウェブルート・ソフトウェアは、振る舞い検知機能などをあらたに追加したコンシューマー向けセキュリティソフトの最新版「Webroot Spy Sweeper with AntiVirus 5.5」を発売した。

同製品は、スパイウェア対策とウイルス対策を統合した個人向けセキュリティソフト。今回リリースされた新バージョンでは、添付ファイルの自動スキャン機能が追加された。また、ソフォスの「Behavioral Genotype」技術を搭載したことで、ウイルスの振る舞いを検知して未知の脅威による被害を予防的に防止する。

さらにリアルタイム保護機能が強化された。スパイウェアに特に狙われやすい箇所を常時監視することで、被害を予防的にブロックする。

価格は、ダウンロード版の1ユーザーが5250円、3ユーザーが6510円となっている。従来版であるバージョン5.3以前の製品を使用しているユーザーは、無償でバージョンアップできる。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.com/jp/

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多