Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振る舞い検知機能が追加された「Webroot Spy Sweeper with AntiVirus 5.5」が登場

ウェブルート・ソフトウェアは、振る舞い検知機能などをあらたに追加したコンシューマー向けセキュリティソフトの最新版「Webroot Spy Sweeper with AntiVirus 5.5」を発売した。

同製品は、スパイウェア対策とウイルス対策を統合した個人向けセキュリティソフト。今回リリースされた新バージョンでは、添付ファイルの自動スキャン機能が追加された。また、ソフォスの「Behavioral Genotype」技術を搭載したことで、ウイルスの振る舞いを検知して未知の脅威による被害を予防的に防止する。

さらにリアルタイム保護機能が強化された。スパイウェアに特に狙われやすい箇所を常時監視することで、被害を予防的にブロックする。

価格は、ダウンロード版の1ユーザーが5250円、3ユーザーが6510円となっている。従来版であるバージョン5.3以前の製品を使用しているユーザーは、無償でバージョンアップできる。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.com/jp/

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず