Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正ファイル所有を指摘する架空請求 - ファイル交換ソフト利用者が標的か

違法ファイルを所有したり、ファイル交換ソフトで不正にデータを公開したと指摘し、架空請求を行う詐欺が発生しており、コンピュータソフトウェア著作権協会は注意を呼びかけている。

違法ファイルの所有やファイル交換ソフトによる違法なアップロードを確認したとして「違法ファイル所持確認報告書」を送りつける手口で、東京都中野区に所在するGNSと名乗る業者が調査委託を受けたとして文書を送付しているという。

同社は、各機関より調査依頼を受けて違法ファイル所有者の特定と報告を行っているとし、同社へ会員登録すれば、違法ファイルの削除や「違法ファイルの非保有の証明」を行うと説明。入会金8万3000円を指定口座へ振り込むよう文書では要求している。

同協会には相談が寄せられているが、パソコンを利用していない人に文書が送付されたケースも確認されており、注意を促している。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査