Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経済産業省、情報セキュリティガバナンスの自己診断ツールを改訂

経済産業省は、情報セキュリティガバナンスの自己診断ツール「情報セキュリティ対策ベンチマーク」「情報セキュリティ報告書モデル」を改訂した。

いずれも一般的に望まれる情報セキュリティの水準と現状を比較できる自己診断ツール。2005年3月に策定されたが、情報セキュリティガバナンス研究会が2007年1月より見直しを検討していた。

「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の改訂では、最新の国際基準に対応したJIS Q27001:2006に基づいて見直しを実施。継続性や既存のデータ資産との整合性をはじめ、わかりやすい言葉の使用し、あいまいな表現を排除した。また公的機関や企業の部門単位における利用などに対応している。

情報開示による透明性の確保し、外部から適正に評価されることを目的とした「情報セキュリティ報告書モデル」についても改訂を行い、報告書に記載が望ましい項目の明確にした。また報告書を発行した場合の効果や注意点をまとめている。

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多