Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信でキャンペーン応募者のアドレス500件が流出 - ノーリツ

ノーリツは、8月21日にキャンペーン応募者に案内メールを送信した際、誤って受信者のアドレス500件を確認できる状態になったと発表した。

誤送信が発生したのは、同社ウェブサイト上で実施している「ノーリツと一緒に日本代表小崎まり選手を応援しよう!キャンペーン」の応募者へ送信したサイト更新の案内メール。誤って受信者500人のメールアドレスが表示された状態になった。アドレス以外の個人情報は含まれないという。

誤送信の判明後、関係する応募者に対しメールで説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼した。今後はメール配信前に複数の担当者が確認作業を行うなど、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2007/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ