Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前四半期より脆弱性件数が約2割増加 - ラックまとめ

今四半期に発行された脆弱性情報は167件で、前四半期の134件に比べ約2割増加していることがラックの調査でわかった。

同社が脆弱性情報を独自に収集、検証した定期レポート「SNSDB Advisory Report」により判明したもの。同レポートは、2007年4月から6月に発行した167件のSNSDBアドバイザリを集計したもので、脆弱性の傾向を把握することができる。

リスクレベル別にみると、5段階で最も高い「High」が15%、次に高い「Medium High」が27%を占めたという。また約94%の脆弱性が、同レポートの発行時点で、パッチまたはバージョンアップなどの対策情報が提供されていることがわかった。

さらに同レポートでは、第三者に悪用される可能性が特に高いとされる10件の脆弱性について、その概要を解説している。同レポートは同社ウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2007/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン