Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前四半期より脆弱性件数が約2割増加 - ラックまとめ

今四半期に発行された脆弱性情報は167件で、前四半期の134件に比べ約2割増加していることがラックの調査でわかった。

同社が脆弱性情報を独自に収集、検証した定期レポート「SNSDB Advisory Report」により判明したもの。同レポートは、2007年4月から6月に発行した167件のSNSDBアドバイザリを集計したもので、脆弱性の傾向を把握することができる。

リスクレベル別にみると、5段階で最も高い「High」が15%、次に高い「Medium High」が27%を占めたという。また約94%の脆弱性が、同レポートの発行時点で、パッチまたはバージョンアップなどの対策情報が提供されていることがわかった。

さらに同レポートでは、第三者に悪用される可能性が特に高いとされる10件の脆弱性について、その概要を解説している。同レポートは同社ウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2007/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社