Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDの故障を予測して自動でバックアップするソフト - インターコム

インターコムは、ハードディスクの劣化状況を定期的に監視して、故障が間近に迫ると自動でデータをバックアップするソフト「SmartHDD PCcare」を、9月7日より発売する。

同ソフトは、ハードディスクの状態を定期的にチェックして具体的な故障日を予測し、故障前に自動でデータバックアップを実行するバックアップツール。障害状況を引き起こす限度値と比較して故障の発生を予測し、具体的な故障年月日で表示したり、劣化の推移をグラフ表示する。

また、ハードディスクの故障状況が進行するごとに自動でバックアップを行う技術「スマートバックアップ方式」を採用した。価格は、最大で3台のパソコンにインストールできる通常版が7140円。1台のみのダウンロード版が4725円となっている。なお、ASP型サービスでの提供も準備している。

(Security NEXT - 2007/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大