Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDの故障を予測して自動でバックアップするソフト - インターコム

インターコムは、ハードディスクの劣化状況を定期的に監視して、故障が間近に迫ると自動でデータをバックアップするソフト「SmartHDD PCcare」を、9月7日より発売する。

同ソフトは、ハードディスクの状態を定期的にチェックして具体的な故障日を予測し、故障前に自動でデータバックアップを実行するバックアップツール。障害状況を引き起こす限度値と比較して故障の発生を予測し、具体的な故障年月日で表示したり、劣化の推移をグラフ表示する。

また、ハードディスクの故障状況が進行するごとに自動でバックアップを行う技術「スマートバックアップ方式」を採用した。価格は、最大で3台のパソコンにインストールできる通常版が7140円。1台のみのダウンロード版が4725円となっている。なお、ASP型サービスでの提供も準備している。

(Security NEXT - 2007/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も