Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策とウイルス対策を統合した企業向けソリューション - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した、企業向けのセキュリティ対策ソリューション「Webroot AntiSpyware Corporate Edition with AntiVirus」を発売する。

同製品は、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した企業向けのセキュリティ対策ソリューション。ソフォスのホスト侵入防止システム「Behavioral Genotype Protection」を搭載したことで、ウイルスの振る舞いを検知して未知の脅威による被害を予防的に防止する。

また、Active Directoryの統合によりクライアントの管理が容易になったほか、Windows Vistaとの互換性やスパイウェアの検出機能などを強化した。参考価格は、100ユーザー利用の場合で1ユーザーあたり4011円。スパイウェア対策機能のみ利用の場合は2646円。30日間無料で利用できる体験版を用意している。

(Security NEXT - 2007/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市