Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性評価システム「CVSS v2」に移行 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構は、ソフトウェア脆弱性の深刻度評価を「CVSS v2」へ移行した。

同システムは、FIRSTが推進する脆弱性評価システムで、基準を設け、攻撃の内容や影響などから数値を算出し、利用者やベンダーが脆弱性について定量的に比較できる。ベンダーに依存しないことから広く利用されており、IPAでも2月より導入している。

今回導入となるv2は、2007年6月に公開されているもので、評価内容が増加しており、より細分化した評価が行えるようになった。また従来のシステムでは、分布の中心が低い値となってしまう問題が指摘されていたが、同バージョンでは脆弱性の深刻度の中心に発生件数の中心が分布するよう算出方法など改良が加えられている。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド