Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性評価システム「CVSS v2」に移行 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構は、ソフトウェア脆弱性の深刻度評価を「CVSS v2」へ移行した。

同システムは、FIRSTが推進する脆弱性評価システムで、基準を設け、攻撃の内容や影響などから数値を算出し、利用者やベンダーが脆弱性について定量的に比較できる。ベンダーに依存しないことから広く利用されており、IPAでも2月より導入している。

今回導入となるv2は、2007年6月に公開されているもので、評価内容が増加しており、より細分化した評価が行えるようになった。また従来のシステムでは、分布の中心が低い値となってしまう問題が指摘されていたが、同バージョンでは脆弱性の深刻度の中心に発生件数の中心が分布するよう算出方法など改良が加えられている。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避