Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された文書の誤送付や紛失などを公表 - 大阪社会保険事務局

大阪社会保険事務局が所管する社会保険事務所において、個人情報含む文書の誤送付や紛失など複数の事故が発生している。

八尾社会保険事務所では、年金記録確認の届け出た被保険者に対し、誤って別人の年金記録を送付する事故が発生。また貝塚社会保険事務所においても、国民年金保険料前納納付書を送付する際、誤って別人の納付書を送付した。いずれも本人からの連絡で判明したという。

さらに貝塚社会保険事務所では、2006年11月に金融機関から送付された「国民年金保険料口座振替依頼書」4件の紛失が判明したほか、基礎年金番号の入力ミスなども明らかになったという。

また淀川社会保険事務所では、2006年10月に届け出のあった29件の国民年金保険料免除申請書などがほかの書類の中に紛れ込み、事務処理が行われていなかったことが判明した。

いずれも事務処理や書類管理の際の人為的ミスが原因だという。同局では、関係者に事情説明し、職員に再発防止を指示するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避