Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報がWinny流出の可能性 - セイコーアイ・インフォテック

セイコーアイ・インフォテックは、顧客の個人情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出した可能性があると発表した。

流出した可能性があるのは、同社が1976年から2002年までに扱った顧客の個人情報6957件。氏名をはじめ、会社名や住所、役職、電話番号といった勤務先の情報などが含まれる。また親会社であるセイコーインスツルのグループ会社従業員の氏名など190件も流出した可能性がある。

従業員は、2003年に自宅で業務を進めるため自宅へデータを持ち出していたもの。2004年からパソコンへWinnyをインストールしていたが、7月28日にウイルス感染に気が付いたという。同社では、業務情報の持ち出しを禁止していたが、守られていなかった。10日の時点で個人情報の不正利用など受けていないとしている。

同社では、経済産業省へ事故を報告し、関連する顧客へ事情説明と謝罪を行った。持ち出しに関する規定の見直しなど再発防止策を実施するという。

(Security NEXT - 2007/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催