Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規メールはわずか6.9% - ソニックウォール調査

2007年第2四半期に流通したメールのうち、正規のメールはわずか6.9%であることがわかった。ソニックウォールが、利用者や同社研究機関を対象に2007年第2四半期における迷惑メールの状況を調査で判明したもの。

同社のまとめによれば、正規なメールはわずか6.9%で、スパムやウイルス、フィッシング詐欺など、メールを利用した脅威はいずれも増加傾向だった。

DoS攻撃やランダムにメールアドレスを作成し送付する攻撃は、2%減少したが55.7%と半数以上を占めた。スパムやウイルス、フィッシングの量が4%増加し、37.4%だった。

今四半期は、悪意あるコードが埋め込まれたPDFファイルを添付するスパムが目立ったほか、ExcelやZIPなど同様に添付ファイルを用いた攻撃も多く、正規ファイルに見せかけ、ウイルス対策ソフトの検索を逃れようとする攻撃が増加しているという。

(Security NEXT - 2007/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず