Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規メールはわずか6.9% - ソニックウォール調査

2007年第2四半期に流通したメールのうち、正規のメールはわずか6.9%であることがわかった。ソニックウォールが、利用者や同社研究機関を対象に2007年第2四半期における迷惑メールの状況を調査で判明したもの。

同社のまとめによれば、正規なメールはわずか6.9%で、スパムやウイルス、フィッシング詐欺など、メールを利用した脅威はいずれも増加傾向だった。

DoS攻撃やランダムにメールアドレスを作成し送付する攻撃は、2%減少したが55.7%と半数以上を占めた。スパムやウイルス、フィッシングの量が4%増加し、37.4%だった。

今四半期は、悪意あるコードが埋め込まれたPDFファイルを添付するスパムが目立ったほか、ExcelやZIPなど同様に添付ファイルを用いた攻撃も多く、正規ファイルに見せかけ、ウイルス対策ソフトの検索を逃れようとする攻撃が増加しているという。

(Security NEXT - 2007/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も