Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ上の機密情報へアクセスしたら自動で漏洩対策する新技術 - NEC

NECは、サーバ上の機密情報にアクセスすると、漏洩対策を自動的に実行する新技術を開発した。

今回開発した「漏えい対策強制ソフトウェア」は、漏洩につながる操作を制限するソフトを自動的にインストールする漏洩対策技術。各端末に事前にソフトをインストールする必要がないという。

同ソフトでは、サーバ上の機密情報を扱う際、アプリケーションの動作を監視してユーザーの操作を制限。データの保存、印刷、転送、ほかのアプリケーションへのコピー、画面キャプチャなどの操作を制限することで、漏洩のリスクを抑える。

機密情報を扱うアプリケーションと「漏えい対策強制ソフトウェア」を連携させる「連携管理ソフトウェア」を利用しており、機密情報にアクセスすると両ソフトが自動配信され、ユーザーの操作なしに漏洩対策を実現。また、特定のアプリケーションに対してのみ対策を実行するため、ほかのアプリケーションの操作性を維持できる。

(Security NEXT - 2007/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避