Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ上の機密情報へアクセスしたら自動で漏洩対策する新技術 - NEC

NECは、サーバ上の機密情報にアクセスすると、漏洩対策を自動的に実行する新技術を開発した。

今回開発した「漏えい対策強制ソフトウェア」は、漏洩につながる操作を制限するソフトを自動的にインストールする漏洩対策技術。各端末に事前にソフトをインストールする必要がないという。

同ソフトでは、サーバ上の機密情報を扱う際、アプリケーションの動作を監視してユーザーの操作を制限。データの保存、印刷、転送、ほかのアプリケーションへのコピー、画面キャプチャなどの操作を制限することで、漏洩のリスクを抑える。

機密情報を扱うアプリケーションと「漏えい対策強制ソフトウェア」を連携させる「連携管理ソフトウェア」を利用しており、機密情報にアクセスすると両ソフトが自動配信され、ユーザーの操作なしに漏洩対策を実現。また、特定のアプリケーションに対してのみ対策を実行するため、ほかのアプリケーションの操作性を維持できる。

(Security NEXT - 2007/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中