Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、Linux向けウイルス対策2製品の最新版 - RedHat Enterprise Linux 5.0に対応

日本エフ・セキュアは、Linux対応のウイルス対策製品「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイVer2.31」、および「F-Secure LinuxサーバセキュリティVer5.52」を発売した。

「アンチウィルスLinuxゲートウェイ」は、ウイルスやスパムメールから社内ネットワークを保護するセキュリティ製品。今回発売となる最新版では、32ビットおよび64ビットのRedHat Enterprise 5.0に対応した。またウイルスエンジンをアップデートしたほか、Keep-Alive設定時に、Keep-Aliveタイムアウトまでクライアントを切断しない問題が修正された。価格は50ユーザーで17万9550円から。

「Linuxサーバセキュリティ」は、ウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール機能にくわえ、サーバやクライアントの集中管理機能を備えたセキュリティ製品。今回の最新版で32ビットのRedHat Enterprise 5.0に対応。ウイルスエンジンのアップデートのほか、SMP環境でコンピュータがフリーズすることがある問題や、アップデート時に自動インストールが利用できない問題が修正された。

(Security NEXT - 2007/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か