Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイリスオーヤマ、シュレッダーのケーブル不具合で無償交換

アイリスオーヤマは、同社が2005年6月以前に販売したシュレッダーについて一部リコールを実施している。

リコールを実施しているのは、2005年6月以前に販売したペーパーシュレッダー。電源コードが劣化して亀裂が発生し、露出部分でやけどする事故が発生していることから、同社では電源コードの無償交換を実施している。

対象機種は、「A4クロス」「A6クロス」「A4ストレート」「PS-216DK」「EX-A4C」「PX-160」「PS-200」「SCA-405D」「SCA-406D」「SCA-407D」「SCA-408」「SCA-410D」「SCA-415D」など合計73万8500台で、ケーブルの表示がVFFとなっている。

「SCA-415D」については2005年11月、それ以外については同年7月以降の製造分については、被覆を二重にするなど、仕様変更による事故防止策が実施されている。

アイリスオーヤマ
http://www.irisohyama.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県