Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイリスオーヤマ、シュレッダーのケーブル不具合で無償交換

アイリスオーヤマは、同社が2005年6月以前に販売したシュレッダーについて一部リコールを実施している。

リコールを実施しているのは、2005年6月以前に販売したペーパーシュレッダー。電源コードが劣化して亀裂が発生し、露出部分でやけどする事故が発生していることから、同社では電源コードの無償交換を実施している。

対象機種は、「A4クロス」「A6クロス」「A4ストレート」「PS-216DK」「EX-A4C」「PX-160」「PS-200」「SCA-405D」「SCA-406D」「SCA-407D」「SCA-408」「SCA-410D」「SCA-415D」など合計73万8500台で、ケーブルの表示がVFFとなっている。

「SCA-415D」については2005年11月、それ以外については同年7月以降の製造分については、被覆を二重にするなど、仕様変更による事故防止策が実施されている。

アイリスオーヤマ
http://www.irisohyama.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避