Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京テアトルの個人情報約2万人分がネット流出 - 比較.com子会社から

比較.comの子会社において、東京テアトルから受託していた個人情報約2万人分がインターネット上に流出したことがわかった。

東京テアトルが、比較.comの子会社である埼玉県春日部市のプラスアルファのホテルの予約システムを利用するため、委託していたデータがインターネットに流出したもの。

流出した個人情報は、2006年12月11日までに池袋ホテルテアトルの予約システムでユーザー登録した顧客1万9714人分で、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、利用内容などが記録されていた。

プラスアルファの元従業員が作業のために私用パソコンへ個人情報を無断で持ち出して保存していたが、その後ウイルスに感染。7月中旬に情報流出を確認された。今回の流出による二次被害などの報告は受けていないという。また不正アクセスの被害はなく、システムからデータ流出については否定している。

プラスアルファは、ホテルなど、宿泊施設向け予約システムなどを手がけており、1000施設以上に提供している。2007年6月に比較.comが全株式を取得し、子会社化していた。

(Security NEXT - 2007/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も