Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修資料など業務情報がWinny流出 - 関西電力

関西電力は、業務情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出したと発表した。

同社従業員が、私有パソコンに業務情報を保存していたところウイルスに感染、Winnyを通じてインターネットへ流出したもので、同社が8月2日に確認したという。

流出したデータは配電部門の社内研修資料で、参加者名簿や従業員の個人的な情報なども含まれる。同社では、顧客に関する個人情報は含まれていなかったと説明している。同社では、従業員の私有パソコンにおける業務情報の削除や、Winny利用の禁止など、再発防止策を進めるという。

(Security NEXT - 2007/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催