Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著作権侵害への対応極めて不十分 - 24団体がYouTubeに改善求める

国内の著作権関連24団体とYouTube、親会社のGoogleとの間で7月31日に協議が行われた。

今回の協議は、YouTubeが申し入れたもので今年2月6日に行われた協議に続き2度目。YouTubeでは、規約違反したユーザーのIDや投稿動画を削除、警告の表示など現状進めている対策を説明した。

さらに今後についても、動画や音声を自動識別するフィンガープリント技術を用いた著作権侵害防止システムの開発を進めているが、国内の著作権関連団体は、対応について一定の評価を与える一方、現状の対応は極めて不十分と不満を表明。著作権侵害防止システムが実用化されるまでの期間については、同社が対応することを求めた。

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避