Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、ぷらら提供のフィルタリングサービスにワンクリック詐欺サイトのURLリストを提供

ネットスターは、ぷららネットワークスのセキュリティサービス「ネットバリアベーシック URLフィルタ」に対し、ワンクリック詐欺サイトのURLデータベースを提供する。

同サービスは、ぷららネットワークスのBフレッツ対応接続サービス利用者を対象に、無料で提供されているフィルタリングサービス。これまで、アダルトサイトや暴力を助長するサイトなど、未成年者に不適切なサイトを対象にフィルタリングを提供してきたが、今回対象サイトに「ワンクリック詐欺サイト」を含む犯罪関連サイトが追加されることになった。

同社が提供するワンクリック詐欺サイトのURLリスト、および警視庁ハイテク犯罪対策総合センターが提供する犯罪関連サイトのURLリストを追加することで、詐欺サイトへの接続を防いで被害を未然に防ぐ。

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も