Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市立図書館で一時システム障害が発生

横浜市立図書館において8月2日にシステム障害が発生した。18館すべてにおいて予約や貸し出し延長、蔵書の検索が一時行えない状況となった。障害は当日中に回復している。

8月2日の開館前に保守会社の従業員が不具合に気が付き、予約や貸し出し延長、蔵書の検索など対応できないものの、オフラインによる貸出や返却で対応した。その後、復旧や障害などを繰り返したが、順次回復し、2時45分に全面復旧した。原因は調査中だという。

横浜市
http://www.city.yokohama.jp/

(Security NEXT - 2007/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン