Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子どもがワンクリック詐欺サイトへアクセスするトラブルに注意 - IPA

子どもがワンクリック詐欺に巻き込まれ、相談を受けるケースが増加しているとして情報処理推進機構では注意を呼びかけている。

子どもが、アダルトサイトや出会い系サイトなど興味本位でアクセスしてしまい、埋め込まれた不正プログラムをダウンロード、その後請求書が表示が消えなくなるといった症状で、日々相談が寄せられているという。IPAでは、予防策としてウイルス対策ソフトの導入や最新の定義ファイルの利用、OSのアップデートなどを呼びかけている。

また有害サイトへのアクセスを控え、アクセスしてしまった場合も警告のアラートなどをきちんと確認することで不正なプログラムをダウンロードしないようアドバイス。さらに最善の対策としてフィルタリングサービスを紹介。また子どもとインターネットの利用について確認し、安全に利用するための約束事を決めるなど対策を勧めている。

請求を受けた際も、慌ててすぐに問い合わせたり、金銭を振り込みなど行わないよう、呼びかけている。また、再起動しても請求が収まらないような場合は不正プログラムが埋め込まれた可能性があり、システムの復元や初期化といった対応を案内している。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多