Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

注目浴びる情報漏洩の多発 - 「Eビジネス重大ニュース」で2位に

2006年上半期は、「iPhone」や「PASMO」など注目されるニュースも多かったが、個人情報や機密情報漏洩事件の多発を重大ニュースと捉えるインターネット利用者も多い。

インターワイヤードとEビジネス研究所が、インターネットリサーチサービス「DIMSDRIVE」を活用した「2007年上半期のEビジネス重大ニュース」調査を実施したところ判明したもの。調査は、6月27日から7月5日にかけて実施し、回答数は7004人だった。

1位に「mixi」や3位に「セカンドライフ」が入るなど、インターネット上の新しいコミュニケーションの手段に注目が集まる一方、個人情報や機密情報の漏洩事件の多発を挙げる声も多く163票で2位となった。

昨年実施された2006年の重大ニュースでは、「Winny」経由の情報漏洩事件が6位だったが、今回大きく上昇している。性別で注目するニュースが変わる傾向にあるが、情報漏洩については、いずれも2位で、男女関係なく注目する傾向にあった。

今回発表となったトップ10は以下の通り。また圏外だが14位に「iPhone」や24位に「PASMO」が入っている。

1位:SNSの「mixi」が定着
2位:個人情報や機密情報の漏洩が相次ぐ
3位:マイクロソフト社が「Windows Vista」を発売
4位:仮想空間サービス「セカンドライフ」に注目集まる
5位:インターネットトレードが定着
6位:ライブドア事件、同社元幹部への地裁判決が出る
7位:アフィリエイトが定着
8位:TBSと楽天、経営統合・提携の交渉もつれる
9位:ブログが定着
10位:動画共有サービス「YouTube」に注目集まる

インターワイヤード
http://www.dims.ne.jp/

Eビジネス研究所
http://www.e-labo.net/

(Security NEXT - 2007/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も