Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「スーパーマリオブラザーズ」を装ったワームに注意 - ソフォス

ソフォスは、添付ファイルをクリックすると人気ゲームがプレイできるとユーザーを騙し、感染を広げる新種のワームが見つかったとして、注意を喚起している。

同社によれば、メールの本文には英語で「マリオブラザーズが好きなら、試してみてください。気に入ると思います」とあり、ユーザーの興味を引いて添付ファイルを開くよう誘導するという。

実際にゲームをプレイすることはできるが、ファイルにはワーム「Romario-A」が組み込まれており、ゲームをスタートするとコンピュータ内のアドレスを収集して自身を送信するほか、リムーバブルメディアを介した感染活動を試みる。また、システムのセキュリティを低下させようとする。

従来より人気ゲームを装って感染を広げようとするウイルスは登場している。人気ゲームは、ユーザーめ関心を引きやすく、疑いを持つことなくファイルを開いてしまう傾向が強いとして、同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県