Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知のウイルス漂うWinnyやShare - 対策ソフトの検知率が6割のケースも

WinnyやShareなどファイル交換ソフト上で流通するウイルスに対し、ウイルス対策ソフトで十分対応できないケースが少なからずあることがネットエージェントの調べでわかった。

ネットエージェントが、2007年5月25日から7月24日までWinnyネットワーク上で拡散するウイルスについて調査を実施し、5種類のウイルス対策ソフトによる検出率を調査を実施した結果判明したもの。Antinnyや亜種などで作成されたと見られるZIPファイルの実行ファイル1860件を、同社では検体として収集。検体には360個のウイルスファイルが含まれていた。

同社が、商用製品を提供する国内外の3社を調べたところ、約97%を検出するソフトウェアがある一方、約81%、約60%のものもあったという。また海外の無料ソフトウェア2種類についても試験を実施し、それぞれ360個のウイルスに対して298個、321個を検出したが、完全に検出できたソフトは有償、無償いずれもなかった。

ウイルスが含まれるファイルの名称としては音楽関連や漫画といった趣味についても23%と多く、アダルト系のものが約21%と同様に狙われている。

ネットエージェント
http://www.netagent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中