Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報の登録ミスが再び判明 - JCB

JCBは、全国銀行個人信用情報センターへ同社やフランチャイジー63社が発行するJCBカードにおける信用情報を誤った内容で登録していたと発表した。

残高があるにもかかわらず完了と登録していた5287件をはじめ、残高の過少登録や登録情報の誤りや未登録などミスが判明。同社の取り扱いについては2007年2月分、フランチャイジーについては3月分まで確認が終了しており、データを修正した。以降の登録分については現在調査を進めている。

今回の事故原因は、2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム改訂を実施したが、対応できていなかったもので、センターより点検要請があり、調査を実施したところ判明した。

同社では、プログラムの不具合により2006年10月に同センターへ登録について約60万件の債務残高を報告基準より少なく算出するミスが発覚。さらに2007年3月にも約22万件の情報についても、2006年12月6日以降全国銀行個人信用情報センターへ登録していなかったことが判明していた。

JCB
http://www.jcbcorporate.com/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信