Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報の登録ミスが再び判明 - JCB

JCBは、全国銀行個人信用情報センターへ同社やフランチャイジー63社が発行するJCBカードにおける信用情報を誤った内容で登録していたと発表した。

残高があるにもかかわらず完了と登録していた5287件をはじめ、残高の過少登録や登録情報の誤りや未登録などミスが判明。同社の取り扱いについては2007年2月分、フランチャイジーについては3月分まで確認が終了しており、データを修正した。以降の登録分については現在調査を進めている。

今回の事故原因は、2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム改訂を実施したが、対応できていなかったもので、センターより点検要請があり、調査を実施したところ判明した。

同社では、プログラムの不具合により2006年10月に同センターへ登録について約60万件の債務残高を報告基準より少なく算出するミスが発覚。さらに2007年3月にも約22万件の情報についても、2006年12月6日以降全国銀行個人信用情報センターへ登録していなかったことが判明していた。

JCB
http://www.jcbcorporate.com/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
Apacheの「HTTP/2プロトコル」用モジュールに脆弱性
中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市
SECCON実委、次年度「CTF4b」の開催に向け協力団体を募集
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
パーソナルデータの利活用、「期待より不安」が過半数
市販スマホ監視アプリの開発会社関係者が逮捕
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能