Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報の登録ミスが再び判明 - JCB

JCBは、全国銀行個人信用情報センターへ同社やフランチャイジー63社が発行するJCBカードにおける信用情報を誤った内容で登録していたと発表した。

残高があるにもかかわらず完了と登録していた5287件をはじめ、残高の過少登録や登録情報の誤りや未登録などミスが判明。同社の取り扱いについては2007年2月分、フランチャイジーについては3月分まで確認が終了しており、データを修正した。以降の登録分については現在調査を進めている。

今回の事故原因は、2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム改訂を実施したが、対応できていなかったもので、センターより点検要請があり、調査を実施したところ判明した。

同社では、プログラムの不具合により2006年10月に同センターへ登録について約60万件の債務残高を報告基準より少なく算出するミスが発覚。さらに2007年3月にも約22万件の情報についても、2006年12月6日以降全国銀行個人信用情報センターへ登録していなかったことが判明していた。

JCB
http://www.jcbcorporate.com/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に