Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、10ユーザー単位で導入できる中小企業向けセキュリティソリューション

ウェブセンス・ジャパンは、10ユーザーからのライセンス購入が可能な中小企業向けのウェブセキュリティソリューション「Websense Express」を発売する。

同製品は、コンテンツフィルタリングとアクセス管理を融合させたウェブセキュリティソリューション。従業員500名以下の中小企業を対象に設計したもので、10ユーザーからのライセンス購入が可能。参考価格は、100ユーザーライセンス43万500円。

悪質なウェブフィルタリングはもちろん、プロトコルやトラフィックをリアルタイム監視し、スパイウェア、ボット、フィッシング、キーロギングなどの侵入をブロックできる。またインスタントメッセンジャーやP2Pソフト、動画コンテンツなどネットワークの業務外利用を監視して、生産性の低下や帯幅域の大量消費による業務妨害を防ぐ。

ウェブセンス・ジャパン
http://www.websense.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か