Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が車上荒らしで個人情報を記録した端末など盗まれる - 東京ガス

東京ガスは、7月28日に業務委託先が埼玉県三郷市内で車上荒らしの被害に遭い、個人情報を保存した端末や書類などが盗まれたと発表した。

東京ガスがガス温水システムのメインテナンスを委託している東京都渋谷区の協和日成の業務用車両が車上荒らしの被害に遭い、何者かに端末や作業関連書類、未使用の領収書などを持ち去られたもの。同社従業員が作業から戻ったところ、鍵が壊され、被害に気が付いたという。

端末には、葛飾区や三郷市、八潮市の顧客に関する氏名や住所、電話番号、利用機器など97件の個人情報が保存されていた。二次被害の報告などは受けていないという。同社では関連する顧客へ事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も