Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsファイルサーバの操作監視ソフトを発売 - エグゼソリューションズ

エグゼソリューションズは、インテリジェントソフトウェアーが開発したWindowsファイルサーバの監査ソフトウェア「FC1 Audit」を8月1日より発売する。

同製品は、WindowsファイルサーバにおけるクライアントPCの操作を監視するソフトウェア。サーバへソフトウェアをインストールするだけで利用でき、クライアントPCへエージェントのインストールは不要。SambaやほかのNASについても、クライアントPCへFogosエージェントをインストールすることで利用できる。

監査用サーバを用意することで最大200台のファイルサーバについて監視でき、一元管理を行うことができる。さらにアクセス権の診断機能など、ファイルサーバ上のセキュリティホールについて診断する機能を搭載した。

提供方法は、ライセンス販売とレンタルの2種類を用意。ライセンス販売の場合、価格は50万円。レンタルの場合は25万円/年となる。

エグゼソリューションズ
http://www.exe-sol.com/

インテリジェントソフトウェアー
http://www.intelligent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート