Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsファイルサーバの操作監視ソフトを発売 - エグゼソリューションズ

エグゼソリューションズは、インテリジェントソフトウェアーが開発したWindowsファイルサーバの監査ソフトウェア「FC1 Audit」を8月1日より発売する。

同製品は、WindowsファイルサーバにおけるクライアントPCの操作を監視するソフトウェア。サーバへソフトウェアをインストールするだけで利用でき、クライアントPCへエージェントのインストールは不要。SambaやほかのNASについても、クライアントPCへFogosエージェントをインストールすることで利用できる。

監査用サーバを用意することで最大200台のファイルサーバについて監視でき、一元管理を行うことができる。さらにアクセス権の診断機能など、ファイルサーバ上のセキュリティホールについて診断する機能を搭載した。

提供方法は、ライセンス販売とレンタルの2種類を用意。ライセンス販売の場合、価格は50万円。レンタルの場合は25万円/年となる。

エグゼソリューションズ
http://www.exe-sol.com/

インテリジェントソフトウェアー
http://www.intelligent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市