Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者992人分の個人情報などWinny経由で流出 - 尾道市

広島県尾道市の職員が使用するパソコンからインターネット上へ個人情報が流出したことがわかった。

7月19日に同市が総務省から指摘を受けて判明したもので、同市消防局職員の私有パソコンから消防関係行事の参加者名簿など個人情報992人分が流出した。

同職員は、2003年当時に職場へ私有パソコンを持ち込んで作業を行っており、その後パソコンを持ち帰ったが、データの削除が行われていなかったという。職員は6月にデータを削除したが、家族がインストールして利用していたファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出していたという。

同市では関係者に対して謝罪し、再発防止のため業務に利用された私有パソコンについて再度点検などを実施するという。

尾道市
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避