Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理製品市場が堅調に拡大、シングルサインオン市場も好調 - IDC調査

IDCジャパンは、国内のセキュリティ市場の動向や今後の見通しなどを発表した。脆弱性管理や検疫製品は認知拡大とともに市場が拡大しており、今後も高い成長率になると同社では予測している。

同社の調査によれば、国内セキュリティソフトウェア市場のなかでも、アクセス管理製品やセキュリティポリシーの管理や検疫を行う脆弱性管理製品の市場成長率が高く、2006年から2011年までのセキュリティソフトウェア市場全体の平均成長率6.6%をいずれも上回る見通しだという。

アイデンティティやアクセス管理製品では、個人認証やシングルサインオンを中心に成長している。2006年の市場規模は409億円、前年比成長率は23.3%で急成長を見せたが、2011年までの年間平均成長率は7.2%に落ち着くと予測している。

脆弱性管理製品は、事前予防の性格が強いためセキュリティ対策における優先度が低かったが、昨今になって認知度が向上し、市場が拡大したという。2006年の市場規模は183億円、前年比成長率は17.2%で、2011年までの年間平均成長率も12.8%と、高い成長率を維持すると予測している。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始