Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法コピーやライセンス切れも防止できるIT資産管理ソフト - 大日本印刷

大日本印刷は、パソコンにインストールされているソフトウェアの情報を収集し、違法コピーやライセンス切れの製品などをチェックできるIT資産管理ソフト「AD-POWERs/PCSAM」を7月31日より発売する。

同製品は、ネットワークに接続されているパソコンにインストールされているソフトウェアの製品名、バージョン、製造元などの情報を自動的に収集するIT資産管理ソフト。管理用ソフトウェアの収集開始ボタンを押すだけで操作できるなど、管理者がITの専門知識を持っていない場合でも利用できるよう工夫したという。

収集した情報に、企業独自の管理番号や、レンタル品と購入品の区別といった項目を追加するなど、管理項目のカスタマイズが可能。一覧表示だけでなく、座席表の図面を用いたグラフィカルな表示にも対応している。

また各ソフトウェアの保有ライセンス数と収集したソフトウェア情報を照合する機能により、ライセンス切れのソフトや、ライセンスを持たない違法コピーソフトがインストールされたパソコンを特定できる。価格は、50クライアントあたり42万円から。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か