Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損保ジャパンの顧客情報などが代理店からWinny流出

損害保険ジャパンや損保ジャパンひまわり生命保険の代理店から顧客情報などがWinnyを通じてインターネット上へ流出したことがわかった。

愛知県長久手町の代理店からファイル共有ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したもの。損保ジャパンの顧客については、氏名や住所、電話番号、保険の契約内容など58人分の個人情報が流出した。また損保ジャパンひまわり生命保険では、嘱託医の情報2932人分の情報が流出。氏名や医療機関名、住所、電話番号など含まれる。

両社では、7月18日にWinny上への流出を確認。関係者に対して書面により説明、謝罪を行っている。また代理店に対して、ファイル共有ソフトの利用中止など注意喚起を実施する。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避