Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損保ジャパンの顧客情報などが代理店からWinny流出

損害保険ジャパンや損保ジャパンひまわり生命保険の代理店から顧客情報などがWinnyを通じてインターネット上へ流出したことがわかった。

愛知県長久手町の代理店からファイル共有ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したもの。損保ジャパンの顧客については、氏名や住所、電話番号、保険の契約内容など58人分の個人情報が流出した。また損保ジャパンひまわり生命保険では、嘱託医の情報2932人分の情報が流出。氏名や医療機関名、住所、電話番号など含まれる。

両社では、7月18日にWinny上への流出を確認。関係者に対して書面により説明、謝罪を行っている。また代理店に対して、ファイル共有ソフトの利用中止など注意喚起を実施する。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション