Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再春館製薬所のウェブサイトが全面再開 - 不正アクセス被害から3カ月弱

再春館製薬所は、不正アクセスを受け、5月1日よりウェブサイトの一部メニューを停止していたが、7月23日より全面的に再開したと発表した。

問題となった事件は、同社が4月30日から5月1日にかけて外部より不正アクセスを受け、メールアドレス約11万人分をはじめ、合計約14万件の顧客情報が流出したもの。同社では不正アクセスに気が付いた同日中にウェブサイトを閉鎖、事故対応など進めていた。

システムやネットワークの安全性に関する検査を5月末までに終了したとして、同社では6月6日より一部サービスを再開。さらに7月に一部停止していたページを再開するなど順次対応を進めてきたが、23日に停止していたすべてのメニューを提供開始し、全面再開となった。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市