Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny導入PC上でデータを復号させない暗号化ソフトの最新版

イーディーコントライブは、Winnyがインストールされているパソコンでのデータ復号を防止して漏洩を防ぐ暗号化ソフトのバージョンアップ版「SD‐Find Winny2.0」を、7月末より発売する。

同製品は、復号時に特別なソフトのインストールが必要ない暗号化ソフト。ファイルを復号化する際にパソコン内を検索し、Winnyを検知した場合にはデータの復号を停止。復号を行ったパソコンからWinnyネットワーク上へデータが流出するのを防止する。

今回発売されるバージョンアップ版では、定期的にWinnyの検知や起動履歴を保存する常駐ソフトのインストールが可能。常駐ソフトを利用することで、従来必要としていたデータ復号化時における検知時間の短縮を実現できる。

また、暗号化ファイルの自動圧縮機能も追加された。従来の実行ファイル形式ではなく、ZIP形式となるため、メールの添付ファイルとして送付した場合、メールソフトのセキュリティ機能で削除される可能性が低減された。

(Security NEXT - 2007/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避