Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柏崎刈羽原発の地震観測データが一部消失 - 余震データで上書き

東京電力柏崎刈羽原子力発電所において、新潟県中越沖地震発生時の観測データを一部消失していたことがわかった。

同社では、同原発における耐震安全性の面から、7月16日に発生した新潟県中越沖地震の影響などを調査しているが、既設地震計の地震観測記録のうち、1号機、5号機、6号機の本震データ63台分の波形データを消失したことが判明した。原因は、余震が重なったため都内のサーバへ送信する前にデータが上書きされたためだという。

既設地震計による記録のうち、最大加速度値は消失しておらず、2007年4月から稼働している30台の地震計では全号機の本震の記録が取得できていること、余震データがあることなどから、十分な検討が行えると説明している。

能登半島地震で北陸電力志賀原子力発電所でも同様の問題が発生していたことから、今年度から来年度にかけて観測装置の更新を行う予定だった。

東京電力
http://www.tepco.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生