Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柏崎刈羽原発の地震観測データが一部消失 - 余震データで上書き

東京電力柏崎刈羽原子力発電所において、新潟県中越沖地震発生時の観測データを一部消失していたことがわかった。

同社では、同原発における耐震安全性の面から、7月16日に発生した新潟県中越沖地震の影響などを調査しているが、既設地震計の地震観測記録のうち、1号機、5号機、6号機の本震データ63台分の波形データを消失したことが判明した。原因は、余震が重なったため都内のサーバへ送信する前にデータが上書きされたためだという。

既設地震計による記録のうち、最大加速度値は消失しておらず、2007年4月から稼働している30台の地震計では全号機の本震の記録が取得できていること、余震データがあることなどから、十分な検討が行えると説明している。

能登半島地震で北陸電力志賀原子力発電所でも同様の問題が発生していたことから、今年度から来年度にかけて観測装置の更新を行う予定だった。

東京電力
http://www.tepco.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定